HOME  >  What's New


※お申し込みは終了させていただきました。

一般社団法人 日本科学機器協会(日科協)では、新人社員教育や営業マンのスキルアップの一環として、業界人として科学機器についての基礎知識を身につけたいと望んでおられる方々を対象に、以下の通り開催いたします。今回は,科学機器業界の背景・基礎知識・トピックス環境分析の基本的な原理,応用,用途を中心にサンプリング・前処理の手法等も含めて,文系の人にも分りやすく解説していただきます。

また,今回ご参加の方には,科学機器のほぼ全機種を網羅し,全135機種を掲載した冊子「科学機器入門」(2.5千円)を特別に無償で提供いたします。

参加ご希望の方は,別添の申込書にご記入の上,825(金)までにE-mailまたはFAX03-3668-0324にてお申込みください。

 

1.日 時98日(10001230受付930より)

2.会 場幕張メッセ国際会議場102会議室

3.講 師:久本泰秀氏(元日立製作所,元日本分析機器工業会技術委員長)

4.プログラム:*講義内容は,多少の変更が入ることがありますので,ご了承ください。
 ・第一部
  科学機器業界の状況 環境分析分野関連
  (1)科学機器業界の背景・基礎知識・トピックスなど
  (2)環境分析分野に関わる背景・基礎知識・トピックスなど 
 ・第二部  
  環境分析分野(水質・大気・土壌・廃棄物)の分析法と関連科学機器
  (1)キーワード・簡易分析法,精密分析法の実際
  (2)サンプリング・前処理・科学機器具の原理,応用,用途など
5.定 員:先着80名(定員に達し次第,締め切り)。*当日の参加はできません。
6.参加費:会員2千円、非会員4千円
※申込み(お問合せ)先:(一社)日本科学機器協会/東京科学機器協会事務局(菅)E-mailkan@sia-tokyo.gr.jpFax03-3668-0324TEL03-3661-5131
詳しいご案内・申込用紙はこちら


この度,技術委員会 産学連携研究会(産連研)では,同学「研究戦略・産学連携センター」のご協力により,標記「講演・見学会及び研究者と会員の交流会(第7回)」を以下の通り開催いたします。
今回は,『赤外自由電子レーザー研究センター、火災科学研究センター実験棟』の見学及び講演会を企画いたしました。
参加ご希望の方は,6月19日(月)迄にE-mailまたはFaxにてお申込みください。

1.日 時:6月30日(金) 13:00~19:00
2.場 所:東京理科大学 野田キャンパス(受付;12:45〜 セミナーハウス) 
地図⇒http://www.tus.ac.jp/info/access/nodcamp.html
3.定 員:先着60名(定員に達し次第,締め切ります)
4.会 費:交流会参加費3千円/人(講演会のみの参加は,無料)
*請求書発行。入金確認後,参加証をFaxいたします。
5.お申込み(お問合せ)先:産連研 事務局(菅) 
TEL:03-3661-5131  Fax:03-3668-0324 mail:kan@sia-tokyo.gr.jp

【プログラム】見学会と及び研究者との交流会(第7回)
1.講演会 第1部 13:10〜14:00(会場:野田キャンパス セミナーハウス会議室)
講演その1 
・「東京理科大学 URAセンター、学内ベンチャー企業支援のご紹介(仮)」(30分)
講師;研究戦略・産学連携センター 地域連携・事業化推進部門長 古賀 義人
・「(一社)日本科学機器協会の概要と産学連携事業について(仮)」(20分)
一般社団法人 日本科学機器協会 事務局

2.講演会 第2部(会場:野田キャンパス セミナーハウス会議室)
講演その2 14:10〜15:00
「赤外自由電子レーザーによる分子構造の解析(仮)」
講師;赤外自由電子レーザー研究センター長 築山 光一 教授
講演その3 15:05〜15:55 
「火災研究に用いられる分析化学機器と活用例(仮)」
講師;理学部第二部 化学科(兼・火災科学研究センター) 秋津 貴城 教授

3.見学会 16:00〜17:30
・赤外自由電子レーザー研究センター
・火災科学研究センター実験棟


4.交流会17:30 〜 19:00 (場所;セミナーハウス 食堂) 
同学の関係者と参加会員の交流会
 

お申込用紙はこちら


この度,中小・小規模事業者の「攻めの投資」を後押しするため,中小企業投資促進税制の上乗せ措置を改組した,中小企業経営強化税制が創立され、中小企業等経営強化法に係る固定資産税の特例についても、その対象が拡充されました。
そこで,日科協では,本税制の概要と,経営力向上設備等に係る生産性向上要件証明書の発行手続き等に関する説明会を開催いたします。 
参加ご希望の方は,以下の申込書にご記入の上,E-mail<kan@sia-tokyo.gr.jpまたはFax:03-3668-0324にてお申込みください。
 
1.日 時:5月18日 (木) 説明会10:00〜12:00 (受付開始9:30〜)
2.会 場:中央大学駿河台記念館 会議室(6階 670号室)
3.会 費:無料
4.参加申込資格:日科協 会員企業
5.定 員:先着60名 *申込後,受講証をFAXします
6.申込み(お問合せ)先:日科協 事務局 菅(カン) TEL:03-3661‐5131
7.締切り:5月12日(金)
 
【プログラム(予定)】
 10:00〜 10:10 開会挨拶  日科協
 10:10〜 11:10 中小企業経営強化税制 概要説明
 11:10〜 11:25 証明書発行手続きについて
  11:30〜      応答
 
※申込み用紙はコチラ
 
 


科学機器学習教室は,会員企業の新人社員教育や営業マンのスキルアップの一環として,あるいは業界人として科学機器についての基礎知識を身につけたいと望んでおられる方々を対象に10年間に亘り開催してまいりました。
 今回は,真空関連の基本的な「圧力・真空を理解する基礎的な考え方や真空環境を利用した低真空・中真空・高真空までに係る真空利用技術,真空中で膜を作る」などを中心に,文系の方にも分りやすく解説いたします
参加ご希望の方は,以下の申込書に必要事項をご記入の上,510(水)までにメールまたはFax03-3842-0324にてお申込みください(定員に達し次第,締め切ります)。
 
【開催要領】

1.日時:平成29517日(13001650

2.会場:中央大学駿河台記念館670号室

3.講師:木ノ切 恭治氏(真空テクノサポート代表,元日本真空工業会専務理事)

4.プログラム:『真空の使われ方と薄膜など真空機器

 第1部:真空の基礎的な考え方等を解説

 第2部:真空利用技術

 第3部:真空薄膜技術   

 第4部:各種真空機器と真空産業

5.定 員:先着80名(定員に達し次第,締め切ります)
6.参加費:お一人 3,000円 *お申込み時に請求書を発行,お振込みください。
7.申込み(お問合せ)先:一般社団法人日本科学機器協会/東京科学機器協会

  事務局(菅・建部)Tel03-3661-5131Fax03-3668-0324

※申込み用紙はコチラ 


 平素は,(一社)日本科学機器協会(以下,日科協)の活動にご協力を賜り厚く御礼申しあげます。


この度,「中小企業経営強化法」が施行され,当協会も経営力向上計画の係る税制措置に必要な「試験又は測定機器」と「測定工具及び検査工具(工具)」の証明書発行団体となっております。


 


(1) 2 3 4 ... 27 »