> セミナー

標記科学機器学習教室を以下の通り開催します。
今回は、真空の基本的な「圧力・真空を理解する基礎的な考え方や真空環境を利用した
低真空・中真空・高真空までに係る真空利用技術、真空中で膜を作る」などを中心に、
わりやすく解説していただきます。
参加ご希望の方は、別添の申込書にご記入の上、5月9日(水)までにe-mailまたは、
Fax<03-3842-0324>にてお申込みください。

【開催要領】
1.日時:2018年 6月1日(金)13:00〜16:50(受付12:30より)
2.会場:中央大学駿河台記念館670号室
3.講師:木ノ切 恭治氏(真空テクノサポート代表,元日本真空工業会 専務理事)
4.プログラム:『真空の基礎と利用技術、薄膜製造等真空機器』
第1部:真空の基礎
第2部:真空利用技術
第3部:真空薄膜製造技術
第4部:各種真空機器と真空装置
第5部:真空が係わる産業構造

5.定 員:先着80名
6.参加費:お一人 3,000円 *お申込み時に請求書を発行,お振込みください。
※お問合せ先:一般社団法人 日本科学機器協会/東京科学機器協会
事務局(菅)Tel:03-3661-5131 Fax:03-3668-0324

お申込用紙はこちら
 


 > 展示会

※分析編はご好評につき、お申し込みを締切とさせていただきました。

〇『真空の基礎と利用技術、真空コンポーネンツ、真空の質向上と漏れ検査』
日 時:2018年 6月27日(水)13:00〜17:00 (受付12:30より)
講 師:木ノ切 恭治氏(真空テクノサポート代表,元日本真空工業会専務理事)

プログラム:
第1部 真空の基礎
圧力の世界,真空中の分子の動き,真空にすると何が起こるか,真空を作るなど。
第2部 真空の利用技術
真空には5つの性質があり,その使われ方を産業ごとに豊富な実例を解説。
第3部 真空コンポーネンツ 
真空装置に用いられる真空部品,真空ポンプ,真空計測器の動作原理と特徴を解説。 
第4部 真空の質向上と漏れ検査
真空の質を高度なものにするため,漏れ検査技術・真空機器の漏れを検出する手法、
表面処理技術,真空の質を確認するガス分析技術の解説。

〇『水質・大気 分析』〜基礎から分かる科学機器〜
日 時:2018年 6月28日(木)13:00〜17:00 (受付12:30より)
講 師:久本 泰秀(元日立製作所,元日本分析機器工業会技術委員長)

プログラム:
第1部 水質分析の背景・基礎知識・キーワード・トピックス
(1)水質分析の公定法の紹介を踏まえて、COD、TOCから重金属分析まで
(2)簡易分析法、精密分析法の実際と機器、用具の原理、応用、用途など
第2部 大気分析の背景・基礎知識・キーワード・トピックス
(1)有害大気汚染物質分析の公定法の紹介を踏まえて、VOC(揮発性有機化合物)、
ダイオキシン、アルデヒド分析
(2)簡易分析法、オンサイトモニタリング法、精密分析法の実際と機器、用具の原理、応用、用途
第3部 知っておきたい科学機器の原理・特徴・用途
(1)基礎から分かるクロマトグラフィー(GC, LC)の原理・特徴・用途・応用
(2)基礎から分かる質量分析計、GC/LC/MSの原理・特徴・用途・応用
(3)その他

会 場:名古屋国際会議場 135号室 *「第24回最新科学機器展」
定 員:先着50名 但し,定員に達し次第に締め切ります。
参加費:お一人につき 会員3千円/ 一般5千円  *請求書を発行します。
※申込み(お問合せ)先:一般社団法人 日本科学機器協会 事務局(菅(かん))
E-mail: kan@sia-tokyo.gr.jp  TEL:03-3661-5131

※申込用紙はこちら☟
『真空の基礎と利用技術、真空コンポーネンツ、真空の質向上と漏れ検査』


 > セミナー

技術委員会では、標記「電気用品安全法(PSE)に関するセミナー」を開催いたします。
本セミナーにおきましては、
・電気用品安全法の概要(対象、情報入手方法)
・電気用品安全法の実務(販売事業者に求められること、届出、適合確認、規制)
など、具体的な事例なども含めてご説明いたします。
電気用品安全法についてご理解されるために有用な内容となりますので、是非ご参加ください。

1.日 時:4月17日(火)15時〜17時
2.講 師:一般財団法人 電気安全環境研究所 生田 年彦氏
3.場 所:東京科学機器協会 会議室
4.定 員:30名(予定)
5.会 費:無料
6.お申込み(お問合せ)先:事務局(菅)
TEL:03-3661-5131  Fax:03-3668-0324 mail:kan@sia-tokyo.gr.jp
 ※締め切り:4/6(金)

詳しいご案内はこちら


 > お知らせ

毎年9月に発行しております「科学・分析機器総覧」の印刷版・DVD版 (9月発刊予定)無料配布の予約申込を受け付けます。
発送は9月上旬〜中旬を予定しております。
お得意先への配布、あるいは社内資料として有効にご活用ください。
詳しいご案内は以下の資料をご確認ください。

詳しいご案内はこちら

 

 


 > 行事

≪ACHEMA2018概要≫

・会期:2018年6月11日(月)〜2018年6月15日(金)

・会場:ドイツ フランクフルト メッセフランクフルト

・住所:Ludwig-Erhard-Anlage 1, 60327 Frankfurt am Main Germany

・開催時間:9:00〜17:00

「ACHEMA」は3年に1度ドイツのメッセ・フランクフルトで開催される世界的な化学技術展で、化学工学を中心に、環境、バイオテクノロジー、実験分析技術、機械プロセス、サーマルプロセス、エンジニアリング、医薬品、ポンプ・コンプレサー・バルブ・金具など幅広い分野を網羅しており、最も先進的な見本市として世界的な知名度を得ています。今回は6/11〜6/15の5日間開催で、ドイツ国内企業をはじめヨーロッパ、アフリカ、アジア、オーストラリア、アメリカなど全世界から約3,800社が出展を予定、約15万人もの参加者を見込んでおり、幅広い分野の最新製品の展示や先端技術に触れることができます。
 
≪ ツアーの特徴 ≫
1.ACHEMA展示会場「メッセ・フランクフルト」の隣接ホテルへご宿泊いただけます。
  ドイツフランクフルト滞在時のホテルは展示会と隣接しているホテル「マリティムホテル
  フランクフルト」へご案内いたします。
  部屋の面積が約30?の大変機能的なホテルとなります。日本語が話せるスタッフも常駐
  しているため、安心してご滞在いただけます。
2.ACHEMA展示会の入場料80€(Season Ticket)が無料となります。
3.ウィーンにて企業・施設の視察を行います。視察先に関する確定情報は5月頃のご案内と
  なります。 
 
※詳しいご案内はコチラ


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 31 »