> セミナー

科学機器学習教室2016-3『食品・製薬分析分野と臨床検査分野』のご案内
〜基礎から分かる科学機器(GC/MS・臨床検査機器の原理/手法など)〜
 
当委員会では,会員企業の新人社員教育や営業マンのスキルアップの一環として,あるいは業界人として科学機器についての基礎知識を身につけたいと望んでおられる方々を対象に,同教室2016-2(7 月)に引続き,標記の教室を下記の通り開催いたします。
今回は,科学機器を取り巻く基礎知識・キーワード・トピックスや科学機器の中で特に食品・製薬分析と臨床検査機器分野について,ガスクロマト(GC,GC/MS),液体クロマト(LC,LC/MS)、生化学分析などの基本的な原理,特徴,用途を中心にサンプリング・前処理の手法等も含めて,文系の人にも分りやすく解説していただきます。
参加ご希望の方は,別添の申込書にご記入の上,10 月12 日(火)迄にEメールまたはFax:
03-3668-0324 にてお申込みください。
 
1.日 時:10 月21 日(金)13:00〜16:50 (受付12:30 より)
2.会 場:中央大学駿河台記念館 670 号室 (千代田区神田駿河台3-11-5)
3.講 師:久本 泰秀氏(元日立製作所,元日本分析機器工業会技術委員長)
4.プログラム:
第1部 食品・製薬分析の基礎知識・トピックス・分析法
(1)食品分析に関わる背景・基礎知識・分析項目・前処理・分析法など
(2)製薬分析に関わる背景・トピックス・分析法など
第2部 臨床検査分野の基礎知識・トピックス・分析法
(1)臨床検査分析に関わる背景・基礎知識・トピックスなど
(2)臨床検査機器に関わる特徴・原理・分析項目と分析法など
第3部 知っておきたい科学機器の原理・特徴・用途
(1)基礎から分かるクロマトグラフィー(GC, LC)の原理・特徴・用途・応用
(2)基礎から分かる質量分析計、GC/LC/MS の原理・特徴・用途・応用
5.定 員:先着80 名(定員に達し次第,締め切ります)
6.参加費:お一人につき 3,000 円 *お申込み時に請求書を発行。
お振込み確認後,受講証をFax します(当日受付にご提示ください)。
※申込み(お問合せ)先:日科協 / 東科協 事務局(建部・菅)

E-Mail:ntb@sia-tokyo.gr.jp TEL:03-3661-5131 FAX:03-3668-0324 

申込書はコチラ


 > セミナー

  この度,技術委員会産学連携研究会(産連研)では,同学「研究戦略・産学連携センター」のご協力により,標記「講演・見学会及び研究者と会員の交流会(第6回」を下記の通り開催いたします。


 今回は,『近代科学資料館秋山仁の数学体験館』の見学及び講演会を企画いたしました。


 参加ご希望の方は,620日(月)迄にEメールまたはFaxにてお申込みください。


1.日 時:71日() 1300~1900


2.場 所:東京理科大学神楽坂キャンパス(受付;12451号館1F)


3.定 員:先着60名(定員に達し次第,締め切ります)


4.会 費:交流会参加費3千円/


5.申込み(お問合せ)先:産連研 事務局(建部・菅)


TEL03-3661-5131 Fax03-3668-0324 メール:ntb@sia-tokyo.gr.jp


お申込みはこちら


 > セミナー

今回は,真空関連の基本的な「圧力・真空を理解する基礎的な考え方や真空環境を利用した低真空・中真空・高真空までに係る真空利用技術,真空中で膜を作る」などを中心に,文系の方にも分りやすく解説していただきます。
参加ご希望の方は,別添の申込書にご記入の上,4 月28 日(木)までにメールまたはFax<03-3842-0324>にてお申込みください(定員に達し次第,締め切ります)。
【開催要領】
1.日時:平成28 年 5 月19 日(木)13:00〜16:50 (受付12:30 より)
2.会場:中央大学駿河台記念館670 号室
3.講師:木ノ切 恭治氏(真空テクノサポート代表,元日本真空工業会 専務理事)
4.プログラム:『真空とは何か,その使われ方と真空機器』
 第1 部 真空とは何か
  真空とは? 圧力の世界,真空を作る,真空中で起こる現象,真空装置の作り方等を解説します。
 第2 部 真空の使われ方
  真空には5 つの性質があり,その性質を産業界では巧みに使っています。豊富な実例で紹介。
 第3 部 真空中で作る薄膜
  薄膜とは何か? 薄膜が産業界では重要な役割と各種真空薄膜の作り方について解説します。
 第4 部 真空機器と産業
  真空利用技術や装置・ポンプ・計測器や真空部品の構造と役割,真空産業の位置付けなどに
  ついて解説。
5.定 員:先着80 名(定員に達し次第,締め切ります)
6.参加費:お一人 3,000 円 *お申込み時に請求書を発行,お振込みください。
 ※申込み(お問合せ)先:一般社団法人 日本科学機器協会/東京科学機器協会
 事務局(建部・菅)Tel:03-3661-5131 Fax:03-3668-0324
 申込用紙はこちら



 > セミナー

総覧委員会では、「『WEB科学機器総覧』活用セミナー」を、東京・大阪・名古屋にて開催いたします。

「昨今のWEBトレンド」や「『WEB科学機器総覧』の有効活用方法」等について、ご説明をさせていただく予定です。詳細は添付のご案内をご覧ください。

http://www.sia-tokyo.gr.jp/ssi-def/S-001/sia/modules/news/download.php?url=/teccs_ope_%A1%D6WEB%B2%CA%B3%D8%B5%A1%B4%EF%C1%ED%CD%F7%A1%D7%B3%E8%CD%D1%A5%BB%A5%DF%A5%CA%A1%BC.pdf.1450336997000


« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 »