概要

日本科学機器とは

一般社団法人 日本科学機器協会(日科協)は、我が国の科学機器の製造、販売及び関連事業に携わる企業を会員とする全国組織団体であり、わが国の科学技術の進歩・発展に寄与することを目的として、戦後間もない昭和20年12月に僅か46社の会員企業によって設立され、それ以来組織は拡大し続け、現在の会員数は設立時の約24倍となりました。

会員企業は、汎用器具・機器、分析機器、環境計測機器から試験室設備、気象観測・バイオ技術などに至る広い範囲の科学機器の質の向上と普及活動を通じてわが国の技術革新の基礎を支え、産業発展と経済成長に貢献する一方で、環境測定技術などを通じて人々の暮らしにも密接に関わってきました。

日科協会員数の推移

組織

本会は、国内10地区の科学機器協会によって構成されており、各地区科学機器協会に加入している会員企業数は合計で1000社を超えます。そのうち製造業がおよそ30%、販売業が57%、その他が13%の構成であり、このように製造・販売を網羅した協力組織が大きな特長となっています。
日科協は各地区協会の事業活動の調整や支援を行い、これらの活動を通じて会員企業の発展を促進して科学技術の振興に役立つことを第一の目的とし、さらに業界の社会的地位の向上を目指すと共に、科学機器に関する国の施策の受け皿としての役割も担っています。





役員

役職 氏名 会社 地区協会
会長 矢澤 英人 (株)ダルトン (一社)東京科学機器協会 理事長
副会長 井内 卓嗣 アズワン(株) 大阪科学機器協会 理事長
齊藤 壽一 (株)堀場製作所 京都科学機器協会 理事長
高木 裕明 伊勢久(株) 東海科学機器協会 理事長
森田 庸一 エスペック九州(株) 九州科学機器協会 理事長
横沢 龍朗 北海道和光純薬(株) 北海道科学機器協会 理事長
佐藤 正幸 (株)ナルセ 東北科学機器協会 理事長
古太刀 利文 小川精機(株) 中四国科学機器協会 理事長
加藤 繁 鐘通化学薬品(株) 信越科学機器協会 理事長
勝木 繁 (株)勝木太郎助商店 北陸科学機器協会 理事長
佐藤 紀一 佐藤真空(株) (一社)東京科学機器協会 副理事長
長谷川 壽一 英弘精機(株) (一社)東京科学機器協会 副理事長
財務理事 柴田 眞利 柴田科学(株) (一社)東京科学機器協会 財務理事
入江 一光 入江(株) (一社)東京科学機器協会 財務理事
専務理事 梅垣 喜通 (一社)日本科学機器協会 (一社)日本科学機器協会
理事 札場 勇二 瑞穂器械工業(株) 大阪科学機器協会 副理事長
島田 種雄 エスペック(株) 大阪科学機器協会 副理事長
森澤 元博 (株)山崎精機研究所 京都科学機器協会 副理事長
伊藤 弘一郎 (株)三弘 東海科学機器協会 副理事長
監事 増田 太郎 トーマス科学器械(株) (一社)東京科学機器協会 理事
志智 裕之介 (株)第一科学 (一社)東京科学機器協会 理事
下平 克彦 田中科学機器製作(株) (一社)東京科学機器協会 理事
名誉会長 入江 照四 入江(株) (一社)東京科学機器協会 相談役
相談役 平井 賢一 (株)コクサン (一社)東京科学機器協会 参与
柴田 晴通 柴田科学(株) (一社)東京科学機器協会 相談役
早坂 恭二 早坂理工(株) 北海道科学機器協会 相談役
津坂 武昌 オザワ科学(株) 東海科学機器協会 相談役
岡野 忠弘 名古屋科学機器(株) 東海科学機器協会 相談役
濱地 聖 (株)クライミング 九州科学機器協会 相談役
八神 基 (株)ヤガミ 東海科学機器協会 相談役